交通事故治療

ピックアップ

交通事故治療には健康保険は効かないのか

交通事故治療には健康保険が適用されないので、全てが自由診療で自己負担になってしまうので莫大な治療費がかかってしまう、という話を聞いたことがある人は多いと思います。不幸にも交通事故にあってしまった場合にはかなりの割合で治療が必要になりま…

more...

交通事故の治療費を請求するためには

交通事故に遭って治療を行わなければならない場合に気をつけることとして、労災や自賠責保険を使うかどうかと言う点があります。勤務中や通勤中の事故であれば、労災を使うことになるケースが大半です。急な事故で戸惑ってしまい、相手とその場で示談に…

more...

交通事故治療で通院する際に注意したいこと

交通事故で病院に通う事は後の慰謝料に関しても重大な役割を果たしますので、通院に際して大事な事を記載していこうと思います。1.慰謝料通院すると言う事は慰謝料を貰うと言う事になります、これは通院日数×4200円と言う単純な計算方法…

more...

交通事故の負傷はまず病院へ行きましょう

普段から安全運転を心がけているドライバーは多いです。ですが不運にも交通事故にあってしまった。ドライバーだけでなく歩行者が事故に巻き込まれ負傷する場合もあります。まず交通事故に合い負傷したら、病院で医師の診察と治療を受けます。骨…

more...

交通事故の治療費を請求するためには

交通事故に遭って治療を行わなければならない場合に気をつけることとして、労災や自賠責保険を使うかどうかと言う点があります。勤務中や通勤中の事故であれば、労災を使うことになるケースが大半です。急な事故で戸惑ってしまい、相手とその場で示談にしてしまうケースだと保険診療で治療を受けて相手にその金額を請求してしまうこともあるでしょう。ですが、勤務中などの事故では健康保険が使えなくなります。
自費診療で治療を受けて、全額を相手に請求する形が基本です。労災保険を使えば相手に請求をしてくれるので、煩わしい手続きをしなくて済むのです。この時通常の保険診療は使えないので、先に保険診療で治療を受けていると話がややこしくなってしまいます。事故が起きた時点であまり体に影響がなくその場で治療費をもらって解決しようとしてしまうと、後日労災保険を請求した後に全額の治療費が相手に請求される形になります。二重に請求が行く形にもなりかねませんので、その場で話をしてしまうよりも、治療の方向性が決まるまで保留にしておく方が最適です。交
通事故の際には保険診療ができるかどうかなど、病院によっても取扱が異なってくるため治療費のことは専門家に任せることが基本です。