交通事故治療

ピックアップ

交通事故治療には健康保険は効かないのか

交通事故治療には健康保険が適用されないので、全てが自由診療で自己負担になってしまうので莫大な治療費がかかってしまう、という話を聞いたことがある人は多いと思います。不幸にも交通事故にあってしまった場合にはかなりの割合で治療が必要になりま…

more...

交通事故の治療費を請求するためには

交通事故に遭って治療を行わなければならない場合に気をつけることとして、労災や自賠責保険を使うかどうかと言う点があります。勤務中や通勤中の事故であれば、労災を使うことになるケースが大半です。急な事故で戸惑ってしまい、相手とその場で示談に…

more...

交通事故治療で通院する際に注意したいこと

交通事故で病院に通う事は後の慰謝料に関しても重大な役割を果たしますので、通院に際して大事な事を記載していこうと思います。1.慰謝料通院すると言う事は慰謝料を貰うと言う事になります、これは通院日数×4200円と言う単純な計算方法…

more...

交通事故の負傷はまず病院へ行きましょう

普段から安全運転を心がけているドライバーは多いです。ですが不運にも交通事故にあってしまった。ドライバーだけでなく歩行者が事故に巻き込まれ負傷する場合もあります。まず交通事故に合い負傷したら、病院で医師の診察と治療を受けます。骨…

more...

交通事故治療で通院する際に注意したいこと

交通事故で病院に通う事は後の慰謝料に関しても重大な役割を果たしますので、通院に際して大事な事を記載していこうと思います。
1.慰謝料通院すると言う事は慰謝料を貰うと言う事になります、これは通院日数×4200円と言う単純な計算方法ですので通院を沢山した方が良いのかと、言う事に繋がりますが、それはまた違うのです。月に換算して30日行こうが、14日行こうが慰謝料は一緒なのです。その仕組みと言うのは、通院日数が月の日数の半分に満たない場合は、その日数を倍にすると言うのが通院の仕組みなのです。下記に記載した計算方法を見たらわかりやすいと思います。
※通院日数 28日×4200円= 117600円※通院日数 14日×2×4200円=117600円という計算方法で慰謝料は決まってきますので、毎日通院した方が良いというのは勘違いで、月の半数を1日切った通院日数がリハビリ等で通院するのにはベストだと言えます。
2.症状固定と後遺症請求通常の場合明らかな外傷が無い限り症状固定は半年と考えるのがベストです。症状が固定されたら通院しても意味が有りません、今度は後遺症請求になるからです。今現在算定事務所は頸椎捻挫で後遺症と認める事は少ないと思いますので、半年で和解交渉に入った方が良いと思います。明らかな外傷とはX線状で骨折などが明らかに分かる場合は後遺症認定まで行った方が良いと思います。